2588号


都内タクシーメーター検査場が移転

東京都計量検定所タクシーメーター竹芝検査場は、10月1日より現在の港区海岸1の7の4から、同区港南5の1の26に移転し、名称を同港南検査場に改める。移転の理由は、竹芝地区施設の再開発や、施設の老朽化による。新検査場は、品川駅の東方、品川埠頭や東京入国管理局などがある埋立地の一画に設けられる。

中部圏の豪雨でタクシーに被害

4日夕方、東海地方を襲った豪雨で、愛知、岐阜の一部タクシー事業者に被害が出た。愛知県タクシー協会、岐阜県タクシー協会のまとめによると、愛知県では1社でタクシー2台と指導車1台の計3台が冠水した。岐阜県では2社に被害があった。1社では、タクシー1台が冠水と、雷の影響と思われる配車システムの故障が起きた。もう1社ではタクシー5台が運行中に浸水し、うち3台が運行不能となった。

都個協一般社団化問題、第三者委員会が答申

東京都個人タクシー協会の一般社団法人移行をめぐる問題で6日、第三者委員会の答申が出た。懸案の理事・議決権行使者の定数については各会員団体を構成する事業者数に応じて配分するとした一方、『最低限の過半数』の上限を設けた。今後、19日の理事会終了後、速やかに申請していく方針だ。
この基準を現在の団体会員に当てはめると、理事数では「東個協15人」「都営協11人」「多摩個連1人」「全個人1人」他(員外役員1人)となり、議決権行使者数では「東個協35人」「都営協31人」「多摩個連1人」「全個人1人」となる。