2596号


都内オールスター交通がタク15台を全部譲渡

都内タクシー会社のオールスター交通(練馬区)が、ひふみ交通自動車(練馬区)にタクシー15台を全部譲渡した。関東運輸局が10月29日に認可。これにより、ひふみ交通自動車はタク55台に。オールスター交通は今年7月、松竹交通(北区)にタク10台を譲渡していた。


東個協中野支部は無免許運転の支部員を除名

東個協中野支部は10月27日、臨時総会を開き"無免許運転"を行った支部員を1人除名した。弁明の機会には現れなかった。支部長は冒頭あいさつで「順法精神をもってルールを無視するようなことは一切せず、無事故無違反を貫いてほしい」と支部員に呼びかけた。当該支部員(64)は3度の免許停止処分中(このうち1件は時効)に複数回にわたり営業行為を繰り返していた。クレジットの売り上げは支部に請求せず、チケット換金は免許停止期間が終わった次の日に行うなど、免許停止しているとわかった上で営業していた。同支部員は理事会で「理解していなかった。支部できちんと"あんどん"を預かるなど対応してくれればこうはならなかった」と弁明していたが、その後反省し「申し訳なかった」と話していたという。同支部では免許停止中に営業していた支部員が2人発覚したが、1人は事前に廃業していた。



国交省メールマガジンの抜粋

10月25日(金)午後11時45分頃、東京都において、都内の個人タクシーが空車で走行中、交差点で都内に営業所を置く法人タクシーと衝突した。この事故により、当該法人タクシーの乗客が腰部骨折の重傷、運転者が軽傷を負った。
事故当時、当該交差点の信号機の状態については、現在調査中。