2635号


日個連がバッテリートラブルに注意呼びかけ

日個連交通共済によるとバッテリートラブルによるロードサービス出張修理が多くなっている。今年4月から6月の出張状況は27件となっており、最も多いエンジントラブルの36件に迫る勢いだ。電子機器の増加・高度化に伴いバッテリーの役割が高まっており、特にタクシーは一般車に比べバッテリー消費が激しい傾向にある。バッテリーの定期点検は義務化されているが、同共済では、バッテリーのしっかりとした確認が必要と呼び掛けている。


関東運輸局が135人の譲渡譲受認可書交付式を開催

関東運輸局は9日、個人タクシー会館で譲渡譲受認可書交付式を行った。東京特別区・武三(116人)、神奈川京浜交通圏(19人)の計135人に認可書を交付した。