2656号


タク特定地域指定、仙台や横浜など指定濃厚

タクシー事業者に強制力のある減車・営業方法制限対策を講じる改正タクシー特措法の特定地域に、大阪、横浜、札幌、仙台、福岡などの都市圏が指定される見通しが強まった。台数ベースで全国35%程度のエリアが該当しそうで、東京、名古屋、京都、和歌山、那覇は外れる公算が大きい。国土交通省は「実働実車率」「赤字事業者シェア」などの新しい指標を用いた「特定地域指定基準」(通達)案を昨年12月26日に策定、2013年度輸送実績などに照らし、来月中にも指定地域の候補を抽出する。業界労使や自治体で組織する協議会での意思確認と、運輸審議会の審査を経て、今春から夏ごろにかけて決定する方向だ。


東京イエローキャブ全車をイースタンに譲渡

関東運輸局は8日、東京イエローキャブ(江東区)からイースタン交通(江東区)へのタク44台の全部譲渡を認可した。両社はともにイースタンモータースグループに所属。本社所在地・営業所とも同じ江東区新木場に置かれており、グループ内での整理。イースタン交通は譲渡後にタク89台となる。


日交立川が富士交通を合併

関東運輸局は昨年12月22日、日本交通立川(立川市、タク79台)による富士交通(町田市、タク25台)の合併を認可した。昨年6月、日交立川は富士交通の全株式を取得。町田市にある富士交通の営業所がそのまま日交立川の営業所となるが、営業所名などは未定。


東京池袋でタクシー強盗事件

6日午前4時25分ごろ、豊島区池袋本町の路上で乗客を装った男がタクシー乗務員(67)に刃物を突き付け脅迫、タクシーを奪い逃走する事件が発生した。男は新宿から乗車、同乗務員を後方から羽交い絞めにし刃物を突き付け脅した。同乗務員が降車するや男は自ら運転し、同タクシー1台と現金約7000円入りの財布、つり銭4000円を奪って逃走、乗車運賃約3000円も踏み倒した。同乗務員は右手中指に全治7日間の切創の障害を負った。警視庁によると被疑者の男の身長は165cm、ニット帽、ネックウォーマー、ジャンパー、手袋を着用していた。


トヨタと日野、燃料電池バス運行

トヨタ自動車と日野自動車は9日から、豊田市で運行している「とよたおいでんバス」に燃料電池バス車両1台の提供を開始した。トヨタの燃料電池自動車「ミライ」に搭載されているシステムをバス車両向けに出力を高めるためにモーターなどを増設したほか高圧水素タンクも8本としている。運航路線は豊田東環状線(豊田市〜三河豊田駅前)で1日3往復となっている。


都個協は都営協理事候補者を承認せず

都個協は9日、新年初の正副会長会議を開き、都営協側の理事候補者について審議した。その結果、一部候補者が規約に抵触するため、承認に至らなかった。これを受け、都営協は16日に理事候補者らを集め調整を行う。昨年の都営協理事会で得票次点だった人が交代で選ばれる見通し。都営協理事会で候補者に選ばれた加藤久夫氏がマスターズ制度に加入していないなどの理由で承認されなかった。


東個協に500回の迷惑電話

昨年12月19日から26日までの間、東個協に対して計500回もの迷惑電話を掛けたとして警視庁は東京都文京区に住む大学院生(32)を1月7日、偽計業務妨害の疑いで逮捕した。被害に遭った東個協は「多い日には1日で200件ほど、昼夜問わず容疑者から電話があった」と話す。内容はほとんどが無言電話で、たまに「一方的にしゃべってきた」という。無線配車不能になる、職員の仕事の妨害になるなどの理由で、中野署に12月下旬、被害届を出していた。同署によると容疑者は犯行理由として「個人タクシーに乗り、ドアに挟まれ怪我をした際の対応が悪かった」と話しているという。