2671号


成田第3ターミナル始動

成田国際空港第3ターミナルが8日にオープンし、バス・タクシーの乗り場も新設された。同ターミナルは格安航空会社(LCC)5社が就航し、バス停留所は9カ所、タクシー乗り場は一般車の障害者用乗降場に隣接し、3台分の待機スペースと呼び出し電話が設置されている。成田国際空港タクシー運営委員会では、第1・第2ターミナルほどの利用が見込めないと判断し、車両・指導員を常駐せず呼び出し方式で運用し、無料の専用電話を設置。午前6時から午後11時の間、利用者が受話器を取ると配車係に通じ、第1ターミナルから車両を回す。


都個協がマスターズ不正問題収束と宣言

都個協は昨年度都内で問題になった「マスターズ不正表示・入構問題」の対応策として実施していた"誓約書の提出"について、都個協として対処を終了したことを"宣言"した。4月13日現在、誓約書未提出の都個協会員団体所属の事業者は、東個協20人(不適正表示者511人)、都営協165人(同687人)の計185人。多摩個連で不適正表示者はなく、全個人は7人全員が提出した。誓約書未提出者に対し、今後は「会員団体に対して通知を発出して今後の措置を依頼することにしたい」として、都個協での取り扱いを終了。会員団体で対応するよう通知した。マスターズ制度に加入しながらステッカー未貼付の事業者は4月末までに未認定の届出をしないと「不正表示」となり処分される。


止まらない個タクの高齢化

全個協の調査で全国平均年齢は63.5歳となった。昨年10月31日の時点で最低年齢は32歳。最高年齢は90歳だった。事業者死亡原因のうち肝硬変・肝不全が全体の9.3%で最も多かった。自殺率も依然高く7.6%を占める。自殺者で最も若かったのは37歳。