2684号


東京タクセンはワゴン車専用レーンを東京駅にも設置

東京タクシーセンターは都内タクシー乗り場待機所のワゴン車専用レーンについて9月中にも羽田空港国際線で2レーン、JR東京駅八重洲口で1レーン設ける方針だ。合わせて羽田空港国際線の外国人旅客接遇研修修了者の「おもてなしレーン」は1レーン増やし4レーンとする。


都内で交通死亡事故

都内で今年4件目の法人タクシーが関与した死亡事故が7月24日、清瀬市で発生した。警視庁などによると、同日午後7時55分ごろ、清瀬市竹丘2−14先路上の新小金井街道を法人タクシー乗務員(40)が押出し橋交差点方向から小金井街道方向に進行中、右から出て来た歩行者の男性(75)に衝突し死亡させた。タクシーは空車で現場は信号機や横断歩道が無いT字路。天候は晴れだった。


都内個人タクの団体は事前試験の諸問題へ対応急浮上

個人タクシーに初導入された事前試験で、同試験を合格した人と譲渡者をマッチングする際の諸問題をどう解決するか個人タク業界で急浮上している。"譲渡価格"のつり上げや、合格者の"逃亡"など、今後予想される課題をどう乗り越えるか。都営協では「浮間支部が架け橋役」、東個協では「支部、グループに一任」と当面の対応が分かれた。