2734号


都内タク 交通死亡事故連続3件

東京都内で7月25日から30日までに連続3件死亡事故が発生した。25日と26日の事故(既報)に続き、30日に個人タクシーのひき逃げ死亡事故が江戸川区内で起きた。さらに翌日、法人関与のひき逃げ事故も発生。警視庁によると31日午前3時40分ごろ、中野区中野2丁目の大久保通りを、乗務員(60)が中野通り方向から山手通り方向に進行中歩行者の男性(28)に衝突。全治不明の傷害を負わせたが、救護措置を取らずに逃走した。乗務員は同日逮捕された。


都内個人タクの死亡ひき逃げ事故

警視庁などによると、7月30日午前0時15分ごろ、江戸川区松江2丁目の区道を日個連都営協系の事業者(70)が、環七通り方向から船堀街道方向へ空車で走行中、道路に横たわっていた男性(66)をひき、全治不明の傷害を負わせ、救護措置を取らずに現場を離れ、同日逮捕された。


東京→青森まで無賃乗車

東京から青森まで無賃乗車の被害に遭う事件が発生した。被害に遭ったのは東個協野方支部の事業者(55)。1日午後8時20分ごろ、港区海岸1丁目周辺の路上で男性(56)を乗せると、男性は「青森駅まで」と要求。「遠いし料金がかさむ」と指摘したが、男性は「向こうに着けば金持ちのおばあちゃんが払ってくれる」と話した。翌日午前5時過ぎに青森駅に到着。運賃を請求したが支離滅裂な答えで、青森警察署に行き男性は詐欺容疑で逮捕された。被害額はメーター運賃24万3990円と高速代1万1460円。


次週(15日)はお休みとなります