2829号


JPNタク不具合で物損事故も

トヨタ自動車の「JPNタクシー」でシフトロック装置の不具合が発生し、4日、メーカーから改善対策が国土交通省に届けられた。6月5日に埼玉県内で、不具合により、フロントバンパーを損傷する物損事故が1件起きていた。市場からの情報で発覚した。トヨタは「制御プログラムが不適切なため、停車中ハイブリッド用エンジンが始動時か停止時にシフトロックが作動しないことがある」と説明。「ブレーキを踏まずにPレンジからDかRレンジにシフト操作可能となり、意図せず車が動き出すおそれがある」としている。全国で売り出した全6481台を無償で修理し、シフトロック制御プログラムを修正する。


東個協は4ステッカーを任意に

東京都個人タクシー協組は2日の理事会で、@「ちょっとそこまではいどうぞ」の短距離客歓迎ステッカー A車椅子マークの身障者ステッカー B適正営業推進ステッカー Cエコドライブステッカー の4種類について車両貼付を"義務"から"任意"とすることを決めた。今後は貼っていなくても不適正営業にならなくなる。