2847号


ウーバーが説明会参加で謝礼金

世界中でライドシェアの配車ビジネスを展開する一方、日本ではタクシーとの提携路線を打ち出しているUber(ウーバー)が、個人タクシーの試験会場で勧誘活動を行った。個人タクシーを目指す受験者に対し「一度説明会に参加してください」とビラを配布し、説明会参加だけで6000円の謝礼金、20回の乗車完了で3万円の祝い金といった特典をアピール。提携先として本格的に個人タクシーに目を向けているようだ。


偽個人タクシー 御用

警視庁は11日、白タク営業をしていた疑いで東京都足立区竹ノ塚3丁目に住む尾形容疑者(40)を逮捕した。尾形容疑者は外見上、無所属の個人タクシーそのものに見える車に乗り、今年1月から5月にかけ白タク営業をしていたとみられる。今年3月、二輪車に対する追突当て逃げ事故を起こし、それがきっかけで白タクが発覚。"偽個人タクシー"が堂々と都内で営業していた事実に個人タクシー業界でも驚きが広がっている。尾形容疑者は、法人タクシー乗務員を辞めた後に偽個人タクシーになったようだ。営業していた車両にはメーター器なども装着されており、無所属の個人タクシー事業者が売却した中古車両をそのまま使用していた可能性が高い。緑ナンバーも偽造していたようだ。