2850号


羽田外国人向けタク乗り場実験

関東運輸局は、羽田空港国際線で来年2月から1カ月間行うワゴン型タクシー専用乗り場の実証実験の概要を決め、11月30日東京ハイヤー・タクシー協会などに通知した。利用者から受け取る車両指定配車料金は1回1500円に設定した。東タク協は12日、説明会を開き25日までに参加事業者を取りまとめる。実験に参加するには優良乗り場入構資格などに加え、車高1.7b以上のワゴン車両 ▽羽田空港を適用施設とする定額運賃を全エリア設定 ▽英語、中国語を主とした翻訳機器の設置、サービス提供 ▽クレジット決済機器設置−−の4項目を満たす必要がある。 JAPANタクシーは車高が1.74bで要件に合うが、除外される方向。事業者は車両指定料金の届けを提出する。




国交省メールマガジンから抜粋

法人タクシーの衝突・火災事故

12月1日(土)午後9時04分頃、東京都の区道において、都内に営業所を置く法人タクシーが乗客2名を乗せ運行中、道路左側に駐車していた自家用大型ダンプに追突した。この事故により、当該タクシーの乗客2名と運転者が軽傷を負った。また、乗客2名と運転者が降車した後、当該タクシーの前部から出火した。