2859号


日交が三洋商事の全64台譲受

タクシー大手の日本交通(千代田区)は6日、タクシー事業の新規参入組の三洋商事(板橋区)とタクシー車両の譲渡譲受契約を結んだ。三洋の保有全64台を譲り受け、各営業所に振り分ける。社員や営業所は引き継がない。また、日交は1月15日付で、業務提携する春駒交通(北区、128台)の全株式を取得し、100%子会社化した。


池袋での自動運転実験が車両不具合で中止

国土交通省は8、9の両日に東京・池袋で実施する予定だった自動運転・低速電動10輪車両の走行実証実験を中止した。初日、車両に不具合が起き、手動運転から自動運転への切換えができなかった。


羽田国際線で実証実験中のワンボックス車が苦戦

1日より、羽田国際線の乗り場でワンボックスタクシーを活用する関東運輸局の実証実験が始まった。毎日午後3時〜午後9時まで、運賃に1500円を追加することで大型車でクレジット決済と多言語に対応したタクシーを指定できる実験だ。先週半ばの時点では、1日10台強。待機できる車両が最大12台分ある。